家づくりをしていて思うこと。それはみなさん好みがそれぞれで、</br>自分のセンスを一番よく理解していること。</br>だから、その素敵なセンスを楽しく活かせるように、とっておきのお家をご用意いたしました。</br>とくべつな日のお洋服を選ぶときのうきうきした気持ちで、</br>なかよしな家族と゛素敵゛をデコレーションして下さい。からのお知らせ
ローコスト住宅のFLAT HOUSEを建築するBerrys Home accessmap 詳細のaccessmapはこちらから

カワイイお家の絶対条件は『外壁の塗り壁』ですよね。

サイデングパネルには出せないザックリした感じがGOODですよね。

しかし、塗り壁の問題は、ひび割れが入りやすいこと。

先日車で走っていて発見したのですが、某ホームセンターの裏の住宅街の1軒のお家の塗り壁のひび割れが酷い。
しかも補修した跡のミミズがはったような跡も酷い。
お施主様は、なんで外壁のやり直しを言わないのだろう?
工務店がやり直し工事をしてくれないのか?
建物が特徴的なので、どこの工務店さんが建てたのか一目瞭然なのですが、あまりにも酷すぎます。

って、ここまで言うのですからベリーズホームの塗り壁はひび割れは致しません。

なぜ、同じ漆喰の外壁なのにヒビ割れする壁と、ヒビ割れしない壁があるかと言いますと・・・

下地が違うんですね。
って言っても良くわからないですよね。
少し詳しくご説明いたします。

塗り壁下処理

塗り壁下処理
木造住宅の家は当然、木でできていて壁も木なのですが、塗り壁と言っても木の上に直接、漆喰をを塗っている訳ではありません。

この見えない部分の処理に如何にお金と手間をかけるかで(江戸っ子職人みたいですが・・・)ヒビ割れがしない塗り壁が出来ているんです。

こんな地味な努力が漆喰のカワイイお家を雨風から守っております。

外壁は富士川建材のノンクラック工法の上に漆喰(レーヴLM)で仕上げました。

簡単に言ったら割れない!ヒビが入らない!塗り壁の外壁ってことですね。

ページ上部に