家づくりをしていて思うこと。それはみなさん好みがそれぞれで、</br>自分のセンスを一番よく理解していること。</br>だから、その素敵なセンスを楽しく活かせるように、とっておきのお家をご用意いたしました。</br>とくべつな日のお洋服を選ぶときのうきうきした気持ちで、</br>なかよしな家族と゛素敵゛をデコレーションして下さい。からのお知らせ
ローコスト住宅のFLAT HOUSEを建築するBerrys Home accessmap 詳細のaccessmapはこちらから

安い家を建てるテクニックを伝授します。

こんにちはベリーズホームの根本です。

突然ですが不景気です。
この不景気に出口はあるのでしょぅか?
というよりも、これが普通の生活なのでしょぅかね。

給料も昇給もボーナスも終身雇用も世の中から消えました。
今ボーナスが出てる方は希少人だと認識して下さい。

日本の人口1億2709万人に対して、生活保護を受給している人は215万9847人、なんと生活苦の方が多いのでしょうか?
人生設計のボタンを1つ掛け間違えれば私も、皆さんも充分可能性はあります。

脅かしすぎました。すみません・・・
こんなに不景気でも大手ハウスメーカーの家の値段は10年前とほとんど変わってません。

しかし、大手ハウスメーカーで建てている人は沢山います。
大きなお世話かもしれませんが、年収450万以上の方か、親族からの援助金が貰えるか、先祖からの土地があるか、こんな方以外は危険です。
インターネットで中古物件を見ると大手ハウスメーカーの築浅物件(2年~6年)の家が沢山出ています。
勘が良い方はもおおわかりでしょう。
ご自分の支払い限度額を把握出来ずに、ハウスメーカーの営業マンの『みんなこのくらい借りてますよ』の殺し文句で金融機関が決める借入限度額まで借りてしまった為の事故物件なのです。

支払い限度額と借入限度額まったく違います。

築浅物件の数ほど、不幸の家族がいるんです。
いくら商売でも私はこんなやり方は反対です。

だからこそ、ベリーズホームにいらっしゃって一般的な所得の方には、失礼かもしれませんが、下記のような物件または、商品をお勧めいたしております。(なんかドモ●ルンリンクルみたいな言い方になってしまいました。笑って下さい)

■①土地の相場

まず土地からの方には500万円以下の分譲地をおすすめします。
当然、甲府市内、昭和町、中央市、甲斐市は無理です。
現実的なラインでは、笛吹市石和町の一部 笛吹市八代町 笛吹市御坂町 笛吹市境川町 南アルプス市(52号線より西側)になります。
甲府市内、昭和町、中央市、甲斐市でもあるにはありますが問題あり物件の覚悟は必要ですね。

このお話をすると『会社から遠すぎる』という方がいらっしゃいますが、冷静に考えて下さい。
甲府盆地の端から端まで行っても40分程度です。東京の方は2時間3時間通勤の方はざらにいます。
これが今の大不景気時代の現実なんです。

※注意
一般的な土地と分譲地の違いは、家が建てれるように整備されている土地が分譲地、そうでない土地が一般的な農地又は宅地なんです。
例えば、水道が敷地の20メーター手前までしかきていない!ハイこれで150万円は覚悟して下さい。こんなことが沢山あるんです。この問題が解決しているのが分譲地なんです。

■②オール電化で月々の支払いが7500円安くなる

ガスと電気の料金比較

皆さんご存じだとは思いますがオール電化って凄いんです。
ご存じな方はスルーして下さい。
どれだけ凄いかと申しますと・・・

アパートにお住まいの方は現在、電気代7000円・ガス8000円位でしょうか?
これが、オール電化にする事によって約半額になります。
IHクッキングヒーターの性能もあるんですが、なによりエコキュートの性能が効果絶大なんです。
ただ、イニシャルコストで約40万円(設置費込み)かかります。
ガス給湯器はガス会社が月々1000円でリースしてくれます。

ここまでくれば、皆さんおわかりでしょう。
54ヶ月目でエコキュートのイニシャルコスト40万円に追いついてしまいます。

申し訳ありません。
他社との競争の中で本来標準装備で付けなければならないのですが、建物のお値段をお安く見せる為に
真実を折り曲げなくてしまいました。

私の本心はイニシャルコストは上がりますが、ランニングコストが下がりますのでオール電化にする事をおすすめします。

■③建物の構造躯体で火災保険の値段が変わる

次に建物の構造躯体ですが在来工法はダメです。ツーバイ工法にしてもらいます。
なぜこんな事を言うかって・・・
住宅ローンで家を建てたら絶対に火災保険に加入しなければなりません。(地震保険は任意です)

実は在来工法とツーバイ工法の火災保険加入金が倍も違うんです。
保険のグレードによって金額が違うので、素うどんに例えてお話しますと、在来工法が35年間一括払いで約40万円。ツーバイ工法が半額の約20万円・・・

地震保険は5年づつの更新になりますが、在来工法は約10万円ツーバイ工法が半額の約5万円

なぜツーバイ工法の保険代金が安いか良く考えて下さい。

答えは在来工法よりツーバイ工法の方が火災で全焼する可能性が低い、地震に関しても在来工法よりツーバイ工法の方が倒壊の可能性が低いので安いのです。

例えるなら、自動車の任意保険が歳をとるごとに安くなるってことと同じですね。

木造住宅なのに火災保険が安くなる

※注意
ハウスメーカーの営業マンはお客様に借入れ限度額限界まで建物本体にお金を使わせ、火災保険を1年の短期で契約させますが、火災保険は35年一括申し込みで大幅な割引があるから1年契約で掛けたら大変な金額になります。

■④奥さまコダワリ予算を決める

こだわりのキッチンや洗面台

家造りで最大の修羅場は、奥様のやりたい事とご主人様の建築希望予算がずれていることなんです。
毎度毎度のことながら、ご主人さまと奥さまの間に入り仲裁をしております。

そんな時に私が言うことは、『ご主人さま、奥さまに60万円~80万円の奥さま予算を出してあげて下さい』
って言うんです。

なぜ、こんな事を言うかって・・・

そりゃそうでしょ!

毎日、掃除・洗濯・食事の支度をしてくれるのも、奥さまですよ。
そんな奥さまに感謝の気持ちを込めて予算を決めてあげるんです。

みなさんそれぞれ生活スタイルが違うので、奥さまのお金のかけるとこは人それぞれ違います。
でも、家のこと、家族のことを一番知っている奥さまがこだわるのですから生活しやすくなる事間違いなしです。

なんだか世の旦那様へのメッセージになってしまいました。
スミマセン。

旦那さまへ

60万~80万円って聞くと驚きますが、家造りにおいて60万~80万円では奥さまのやりたい事全ては到底できません。
私の経験上でお話すけば、奥さまのやりたい事70%程度だと思います。
残り30%は我慢してもらうと言うことですね。

■またまだコツは沢山ありますが・・・

現在年収が高い方も、そうでない方も、一生に一回の家造りですからって過剰にお金をかける事には反対します。
なぜなら、5000万円の大豪邸の家族の幸せも、1000万円の家族の幸せも幸せの重さは一緒です。
大豪邸を建てたからといって家族は幸せにはなれませんよ。

もっと言うなら、1000万円の家族の幸せの方が家族で旅行に行ったり、お庭でバーベキューをしたり、家族との時間にお金をかけれる分、幸せの重さは大豪邸家族より重いでしょうね。

最後に・・・
建築屋の私がこんな事言ったら、おかしいかもしれませんが、家に過剰なお金をかけるより、一生に一度の家族との時間にお金を使って幸せな時間をお過ごし下さい。

これ以上お書きしても、毒舌根本が露呈してしまうので・・・
安く家を建てるコツを全て知りたい方は、お問い合わせ下さい。

ページ上部に